スズメバチやアシナガバチの蜂の巣を発見したら~専門業者に依頼しよう~

部屋の中にも侵入する蜂の危険

虫が苦手という方は多くいますが、一人暮らしをしている場合、家で虫を発見したときも自分で対処する必要があります。最近では、 ハチが家の中に入ってくることもあるので注意しましょう。

換気扇

蜂の侵入経路と退治法

侵入しやすい場所
長期間キッチンを使用しないことで、換気扇の隙間から蜂が侵入してくることもあります。そのため、賃貸アパートで一人暮らしをしている男性は特に注意が必要です。また、外に設置している雨よけのカバーの内側には、雨風をしのげるので蜂の巣ができることもあります。周囲をよく観察することで、侵入経路を特定できます。
退治の基本
蜂を退治するためには、殺虫剤が必要になります。換気扇の雨よけカバーに蜂の巣がある場合は、安全な距離を保ち、殺虫剤を60秒程度噴射し続けてください。次第に蜂は弱っていくため、素人でも簡単に撤去することができるはずです。自宅周辺に蜂の巣がある場合は、自分で退治することもできますが、防護服がないと危険ですし、生き残った蜂に反撃されるケースもありますので注意してください。

蜂の巣駆除サービスならアフターケアまで完璧

キイロスズメバチやアシナガバチなどの危険な種類の場合、自分で作業を行なうのはリスクを伴います。専門業者に依頼すれば、駆除からアフターケアまでしっかり行なってくれます。

駆除

再施工

施工後1週間経過するとアフターケアをしてくれます。完璧に駆除できていなかった場合は、無料で再施工を実施してくれます。

100%保証

専門業者のミスで住宅を破損してしまった場合は、100%保証してくれます。保証を受けるためには条件があるので確認しておきましょう。

無料で実施

簡単な作業(換気口や小さい隙間が侵入経路のケース)は、無料で駆除してくれることもあるので、気軽に連絡してみましょう。

専門業者に依頼する際は、自分で駆除するよりも費用がかかってしまうので注意が必要です。専門業者のホームページを事前に見て、料金を確認しましょう。

スズメバチの蜂の巣駆除費用は助成金の対象になる!

自治体の中には、スズメバチの蜂の巣駆除にかかる費用を一部助成してくれるところもあります。一人暮らしの方で、駆除にお金をかけられないという方は特に必見です。

江戸川区の場合

助成対象者
江戸川区内の個人住宅や分譲マンションで、スズメバチの駆除を専門業者に依頼した方は、駆除費用の一部を助成する制度があります。蜂の場合は、獰猛なスズメバチの巣を駆除した場合のみ対象になります。
気になる助成金額
スズメバチの巣を専門業者に依頼して駆除してもらったら、駆除費用の3分の1を助成してくれます。限度額は1万円になっています。